Site Loader

派遣なら福利厚生がある

会社役員の運転手やタクシーのドライバーなどになるときには派遣で働く方法があります。自由に仕事を選べるのが派遣で働く魅力ですが、業務委託で運転手をしている人も同じように仕事を選択することが可能です。派遣と業務委託のどちらが良いかで悩む人も大勢います。生活上、最も大きな違いになるのは福利厚生の有無です。派遣の場合には派遣会社の社員として福利厚生を受けられますが、業務委託は個人事業主なので福利厚生がありません。国民年金への加入や老後の対策などに加えて、納税や確定申告の手続きも自分でおこなうことが必要になります。派遣会社では福利厚生を充実させる傾向が強く、大手の福利厚生会社と契約していることも多くなりました。充実した生活のサポートを受けられるので安心して仕事に集中できるでしょう。

派遣は仕事を手に入れやすい

派遣は業務委託に比べて仕事を手に入れやすい傾向があります。業務委託の場合には自分自身で営業活動をして仕事を獲得しなければならず、キャリアがないとなかなか仕事が見つかりません。しかし、運転手の案件に慣れている派遣会社では初心者向けの仕事も紹介できることがよくあります。現場経験がなくても運転免許さえ持っていれば働けるのが魅力です。その後も経験に応じた案件を紹介してもらえるので、だんだんとスキルアップをしていきやすいのも特徴です。派遣期間が終わると次々に仕事を紹介してくれるため、間を開けずにいろいろな職場で働けるでしょう。

運転手の派遣は、派遣会社が企業へドライバーを派遣することをいい、雇用契約は派遣会社と運転手の間で行われます。その種類も多岐にわたり、距離による運送や企業の役員運転手といった業務があります。