Site Loader

電気製品の自作のメリットとデメリット

市販されている電気製品では満足できない、自分だけのオリジナルが欲しいと考える場合に最適となるのが自作です。自作とは文字通り必要な部品を揃えて自分で1から組み立てていく方法になります。自作の大きなメリットの一つが費用の安さです。市販されている電気製品は人件費や輸送費など様々なコストが上乗せされた価格で販売されているため、若干高めに設定されています。自作はこれらのコストが掛からない上に自分でパーツを使用するパーツ類を選べるので費用を最大限まで安くできるのが強みです。ただし、何を作るにしもそれに伴う知識や技術が必要となります。電気製品は配線のちょっとしたズレでも正常に動かなくなるほど精密な機械です。何もない初心者がDIY感覚で手軽に作り難いという点はデメリットと言えます。

発注による利点や注意点

オリジナルの電気製品を手に入れる方法は、前述した自作だけでなく発注という選択もあります。発注とは専門の業者や企業に依頼をして制作の代行をしてもらう方法です。発注の利点は対応力の広さがあります。電気製品は機能性を充実させるほど構造が複雑になり、制作のハードルも高くなっていくのが特徴です。発注であれば制作するのは高い技術と知識を持った専門職の人なので高度な電気製品を作ってもらうこともできます。注意しなくてはいけないのが依頼に掛かる費用です。依頼する企業や業者、機能性によって金額は変わりますが、自作に比べて費用が高くなります。事前に予算を決めてその範囲で作れるように入念に打ち合わせをするのがコツです。

プリント基板実装は基盤の設計を経た後に製作した基盤に電子部品をくっつけてその基盤を動作させます。部品の形状によって、表面実装と挿入実装に分けられます。