Site Loader

どのような事業を行うか決める

自営業と一口に言ってもその業種はさまざまです。小売業・飲食業・IT業・修理業・コンサル業…などなど、非常に多くの業種があります。自営業を始めてしっかり売り上げるためには、自分はどのような事業を行っているのかはっきり打ち出すことが大切。なぜなら、何をやっているのかよくわからない業者は顧客の信用を獲得しにくいからです。

必要な資金を調達する

自営業を始めるには事業資金が必要です。必要な金額は業種や事業の内容によっても異なりますが、例えば店舗を構えて人を雇うとすれば、賃貸物件の契約費用や内外装の工事費用、必要物品の購入費用、人件費、仕入れ費用などを合わせて、少なくとも数百万円はかかります。必要な資金額を算定し、その資金をどのように調達するか考えなければなりません。資金調達については自己資金を貯めたり、金融機関の融資を受けたり、クラウドファンディングで資金を募ったり、いくつかの方法が考えられます。

個人事業主と法人どちらの形で事業を行うか決める

自営業は主に個人事業主として事業を行う形と、法人を起ち上げて事業を行う形の2通りあります。個人事業主と法人ではそれぞれ開業に必要な手続きが全く異なります。また、事業を開始した後に行わなければならない事務処理などにも違いがあります。個人事業主と法人、どちらの形で開業すべきかは自営業の規模や売上などにもよるので、事業計画を立て細かくシミュレーションをしながら検討してみてください。

事業を行うための環境を整える

事業資金の調達が完了し、事業計画なども固められたら、事業を行うための環境づくりをスタートしましょう。自営業を始めるには何が必要なのか洗い出して準備します。

フランチャイズ契約をする事によって、経営に必要なノウハウを教えてもらえます。独立に不安を抱えている方には最適の契約です。