Site Loader

メーカーによって異なる特徴

需要の増加に伴って様々なメーカーからタイムレコーダーが販売されていますが、選ぶ会社によって備わっている機能や値段が大きく異なります。中でも時計の製造を専門としているメーカーは品質の高さはもちろん、安全性や機能性にも優れている物が多いのが特徴です。メーカーによっては長期保証などのアフターケアに力を入れている所もあるので、メーカーごとの特徴を理解して選ぶことが大切になります。

コストを抑えるために必要な機能を供えた物を選ぶ

前述したように、タイムレコーダーはメーカーによって備わっている機能は異なりますが、全ての機能が必要不可欠とは限りません。利用者によってレコーダーの使い方は様々で、時には自分に必要のない機能が付属しているケースもあります。機能性に優れたものは必然的値段が高くなってしまうので、使用しない機能のために無駄なお金を払うことのないように、事前に必要な機能について調べておかなくてはいけません。

勤怠管理をする上で最適な機能

休憩時間や勤務日数など、業務形態は会社によって細かく違います。タイムレコーダーは会社が従業員の勤務時間を管理する目的で作られている物なので、勤務時間の計算ができるかどうかが重要です。中でも自動計算機能が備わっているものであれば、1日や1ヶ月など予め指定した期間の勤務時間を自動的に計算してくれるので業務の効率化が図れます。そのほかにも、オフィスのパソコンとデータを連動できるタイプもあって、この機能を使えばデータの送受信によって自宅などオフィス以外の場所からでも管理をすることが可能です。

タイムレコーダーは、勤怠管理をするために用いる手段の1つです。出退勤の時間を正確に残すことが出来ます。また、シンプルな機能のものから様々な機能を備えたものまで、種類が豊富にあります。