Site Loader

倉庫の定義と設置する目的について

倉庫は物品を保管するための建造物を指します。一般的には大きな建物を倉庫、住宅に付随する小さな建物を物置や納屋と称しますが、物品の状態を変質させずに長期間置くための施設は用途や規模に関係無く、すべてが倉庫です。また、倉庫はあくまでも物品を保管するための施設なので必ずしも建物を差すわけではありません。原木を浮かべるプールのように、屋根や壁が無い施設も物品を保管する建造物である倉庫の一種と見なされます。人工的な設備であれば物品が屋外に露出した状態であっても倉庫に含まれるのです。倉庫を置くのは物品を野ざらしにせず、変質させないのが目的です。特に有害な物品は野ざらしにすると流出して大きなトラブルが生じるおそれがあります。周囲の安全を確保する意味でも倉庫は重要な施設なのです。

倉庫内の仕事は物品の運搬や屋内環境の維持が中心

倉庫内は大量の物品が置かれています。倉庫内の仕事は物品の運搬や搬出入が主ですが、屋内の温度や湿度を保つのも重要な仕事のひとつです。物品の変質を防ぐため、倉庫内の環境は安定させる必要があります。空気や日光が入り込むとそれだけ環境が変化しやすくなるので、倉庫の多くは窓がほとんどありません。荷物を出し入れするための出入り口は車両が移動できるほど広く取っている倉庫もありますが、そのような倉庫も窓や換気口は少ないか、あるいは一切設けられていません。そのような環境での仕事は非常に危険なので、専用の照明を使ったり適度に換気を行うなどの工夫が不可欠です。また、大量の物品を効率良く扱うために作業車両の運転技術も求められます。

3PLとは、物流業務を第三の企業に委託することです。コスト削減や効率アップなどを実現しますので、物流業界で重要なシステムとして認識されています。